FC2ブログ

心を鬼にして。

私の性格の甘さが出た。

一昨日の朝、ファンの検尿の結果、糖が出ていた。
+++(threeプラス)
いやあ、仰天した。
3ヶ月も糖は出てなかったので、まさか再発するとは思わなかった。
先週、缶詰を買うために病院に行ったときに、インスリン注射は処分してもらうように返したのだ、
それでも2本だけは念のために残して冷蔵庫にいれてあるが、消費期限のこともあるし、どうしようかと思った。
元気だしグッタリもしてないし、一応様子を見ることにした。
その日の夕方は検尿は-(マイナス)で正常。
昨日の朝、++(twoプラス)
様子を見て、夕方は-で正常。
今日は、朝・夕とも-で正常。
結局、インスリンは投与していない。

原因は、私の油断。
糖コントロールのフードは優秀なのだということが、判明した。
ファンが飽きて半分以上残すようになったので、大量に残すとお腹が空いているのじゃないかと心配になり、少しだけ普通のフードを与えていた。
それがいけなかったのだと思う。
検尿で糖が出てないのが普通になると、もう治ったと勝手に思っていたが、完治ではないのだということを思い知らされた。
心を鬼にして、一生糖コントロールのフードにするしかないのだ。
食べなければ、お腹が空いても無視。
お腹が空けば飽きても食べるしかないと思い込ませるしかない。


SN3U0396.jpg


[ 2015/10/28 21:52 ] | TB(-) | CM(-)
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
★虹の橋在住★



★蘭(H・13・12・31永眠)
保護時、Fiv・白血病ともに検査結果陽性。
最終病名判断つかず。
推定年齢、4歳♀




★モコ(H・18・1・20永眠)
保護時、後ろ右足が自転車で轢かれたのか 潰れていた。
3度の手術をしたが完治せず。 
尿路結石のため急逝。 
6ヶ月♂




★ブー(H19・1・12永眠)
 保護時、FIV陽性
蘭と共に虐待の形跡があり保護。
最終病名診断つかず。
推定年齢、13才♂




★パン(H・22・2・8永眠)
息子自ら保護してきた。
最終病名診断つかず。
  推定年齢、12才♂




★ルン(H・27・3・21永眠)
保護時、白血病検査結果陽性
2年後、奇跡的に陰性に転じる。
乳腺腫瘍闘病後、永眠。
推定年齢、15歳以上♀




★ファン(H・28・8・5永眠)
H・27年6月糖尿病の診断。
インスリン投与の治療を経て、
合併症による脳梗塞で永眠。
    15歳 ♂
★メールはこちらから★

ソフィアの母へのメールはこの猫が運びます。