FC2ブログ

憩いの場所が修羅場となる。

昨日の午前10時ころ、1階からものすごい猫の唸り声が聞こえた。
我が家の猫たちだけの声ではないとすぐに分かった。
外に猫がいる!
2階の自分の部屋にいた私は、慌てて降りて行った。
そして見たものは、網戸に張り付いている猫。
もちろん外から飛びついている。
大の字。
そして、私は一言も発せず固まってしまった。
ルンと同じ柄だった。
目が会ったとたん、猫は網戸からおりた。
私は外に出て追いかけたが、路地の奥に逃げて行った。
野良なのか、飼い猫なのか分からない。
近所では家外自由飼いをしている家もあるし、このところ野良はいないと思っていた。
柄がルンと同じだったせいか、衝撃が大きかった。
通っていたのか…あの猫は。
今まで日中は、おそらくその猫とうちの猫たちは常に唸りあっていて、ご近所に迷惑をかけていたのだと思う。
それに、愕然としてしまった。
少し前から窓を開けるたびに、網戸に穴が開いているとは思っていたが、まさか猫が登っているとは思わなかった。
前に通っていた近所の飼い猫、ココアでさえ網戸に直接張り付くなんてことはしなかったのに、今度の猫は手ごわい。
そして、今日、網戸は破られた。
頭を抱えてしまった。
とにかくこのままにはしておけないので、張り替えるため近所のホームセンターに網だけ買いにいったら、まだ入荷してなかった。
近々入荷するとのことだったので、諦めて帰ってきた。
家の内側には脱走防止の網をつけているので、直接のケンカはできないが、普段は仲の悪いゴンとファンが結束して外の侵入猫に対して威嚇するのだ。
弱い猫ほどよく唸る。
うちの猫たちの憩いの場所が、修羅場となってしまった。

SN3U0148.jpg


あ~あ、新たな悩みができてしまった。
外に猫が来ているのでは、除草剤は撒けない。
これからの時期、雑草との戦いをしなければいけないのかと落ち込んでしまった。
ということで、今日は庭の草むしりをした。

野生のスミレ。
可憐でとても好きな色。

SN3U0154.jpg



[ 2015/04/19 21:14 ] | TB(-) | CM(-)
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
★虹の橋在住★



★蘭(H・13・12・31永眠)
保護時、Fiv・白血病ともに検査結果陽性。
最終病名判断つかず。
推定年齢、4歳♀




★モコ(H・18・1・20永眠)
保護時、後ろ右足が自転車で轢かれたのか 潰れていた。
3度の手術をしたが完治せず。 
尿路結石のため急逝。 
6ヶ月♂




★ブー(H19・1・12永眠)
 保護時、FIV陽性
蘭と共に虐待の形跡があり保護。
最終病名診断つかず。
推定年齢、13才♂




★パン(H・22・2・8永眠)
息子自ら保護してきた。
最終病名診断つかず。
  推定年齢、12才♂




★ルン(H・27・3・21永眠)
保護時、白血病検査結果陽性
2年後、奇跡的に陰性に転じる。
乳腺腫瘍闘病後、永眠。
推定年齢、15歳以上♀




★ファン(H・28・8・5永眠)
H・27年6月糖尿病の診断。
インスリン投与の治療を経て、
合併症による脳梗塞で永眠。
    15歳 ♂
★メールはこちらから★

ソフィアの母へのメールはこの猫が運びます。