FC2ブログ

犯人はわからず。

朝起きたら、羽毛布団の上にゲボのあと。
あわてて、カバーを外して布団を見ると、しっかり染みていた。
コインランドリーで布団丸ごと洗ってくるかと思ったが、寒くて出かける気にならない。

それでその部分だけつまみ洗いをした。
色は完全には落ちなかった。

SN3U1895.jpg


何で乾かすか・・。
外は曇っているので干しても乾くとは思われず、最初はドライヤーで乾かした。
やたら時間がかかって、それでも乾かない。

SN3U1898.jpg

最終兵器。(笑)
アイロンを高温ドライでかけた。
簡単に乾いた。
高温だから殺菌にもなっただろうし、これでよし。

SN3U1899.jpg


さて、誰のしわざか。
犯人はわからず迷宮入り。




にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村


[ 2018/10/13 22:18 ] | TB(-) | CM(-)

食べられないものでも食べたくなるのがミケ。

私はよく自分の部屋でものを食べる。
食べているのに気が付くのはミケで、眠っていても、はっと気が付いたように大きな声で鳴き、キャットベットから出てくる。
そうなると、猫が食べられないものでも、一応ミケの鼻先に持っていく。
そうして、少し考えた様子を見せるがなめることすらしない。
食べられないでしょと言って私が食べると、また大きな声で鳴くのだ。
それを必ず2回は繰り返し、3回目で諦めて自分のベットに戻る。

PAP_1860.jpg


これはリンゴ。
猫ではなくワンコなら食べるかもしれない。
鳥でも食べるかな?
こうしてみると、猫は食べられるものがはっきりしていい。




にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村



[ 2018/10/11 23:35 ] | TB(-) | CM(-)

またやってしまった。

気を付けているつもりだったけれど、またやってしまった。
カンの巻き爪。

今までで一番ひどい。
弧を描いていて、先っぽが肉球に食い込んでいた。
そのカーブの部分を爪切りで切って、食い込んだ爪を抜こうとしたがなかなか抜けない。
血が出てきていたが、抜かないことにはどうしようもないので指先に力を入れて抜いた。
消毒液をどばどばたらして、カット綿で拭いていざ薬を塗ろうとしたところで逃げられた。
ベットの下に入り込んで出てこない。

歩くのに支障はなく、食欲はある。
私を見ると逃げて近づけないからほおっておいた。

それが一昨日のこと。

今日爪とぎをしていたので、膿んでないという事が分かって安心した。

ミケと寝ていたので、傷口を確認。
おとなしくしてくれて、消毒も薬を塗ることもできた。


SN3U1835_201809242255033c7.jpg



ごめんよ。
気が付くのが遅くなって。


にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

















[ 2018/09/24 21:49 ] | TB(-) | CM(-)

今日の猫たち。

今日は涼しいを通り越して寒かった。

4匹がベットの上にいて、ああ…やはり寒かったのだと思った。
久しぶりに見るこの姿。
寒くなれば普通にみられるこの姿。

SN3U1831.jpg


なんだかほんわかと幸せになる。





にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

[ 2018/09/21 22:12 ] | TB(-) | CM(-)

カンも老猫。

すっかり秋らしい天気になった。

1階の和室の押し入れの下段の奥に、カンが入り込むようになってずいぶん経つ。
夏の間、風を通すために押し入れは閉めないでおいたから、そこが気に入ったようだ。

あれほど食いしん坊だったカンが、食事の時も2階の猫部屋に来ないので私が1階に運んでいた。
考えてみれば、ミケにばかりに目がいっているけれど、カンだって老猫。
もう16歳になる。
相変わらずの臆病で、おどおどしながら生きてきた。
我が家の今までの猫のうちで唯一多頭飼いに向かない猫だと思っている。
保護したときから、なじまなかったし、近寄ればにげる。
ミケも昔はそうだったけれど、今はかまってちゃんになって、呆けたのかと思うほど泣いて私を呼ぶ。

人間と同じように猫だって老い方はさまざま。

そのカンが今日は珍しく朝から私のベットの上にいた。
朝晩少し涼しくなって、やはり私のベットの上が一番いいと思ってくれればいいけれど。

SN3U1759.jpg

にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

[ 2018/09/16 22:30 ] | TB(-) | CM(-)
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
★虹の橋在住★



★蘭(H・13・12・31永眠)
保護時、Fiv・白血病ともに検査結果陽性。
最終病名判断つかず。
推定年齢、4歳♀




★モコ(H・18・1・20永眠)
保護時、後ろ右足が自転車で轢かれたのか 潰れていた。
3度の手術をしたが完治せず。 
尿路結石のため急逝。 
6ヶ月♂




★ブー(H19・1・12永眠)
 保護時、FIV陽性
蘭と共に虐待の形跡があり保護。
最終病名診断つかず。
推定年齢、13才♂




★パン(H・22・2・8永眠)
息子自ら保護してきた。
最終病名診断つかず。
  推定年齢、12才♂




★ルン(H・27・3・21永眠)
保護時、白血病検査結果陽性
2年後、奇跡的に陰性に転じる。
乳腺腫瘍闘病後、永眠。
推定年齢、15歳以上♀




★ファン(H・28・8・5永眠)
H・27年6月糖尿病の診断。
インスリン投与の治療を経て、
合併症による脳梗塞で永眠。
    15歳 ♂
★メールはこちらから★

ソフィアの母へのメールはこの猫が運びます。