スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お知らせ。

ご連絡が遅くなり申し訳ありません。

このブログは、私のもう一つの私のブログ「時を束ねてリボンをかけて」に「猫」というカテゴリを作り、そちらに移して統合することにしました。
老猫ばかりとの暮らしは、だんだん寝ている時間ばかりが多くなって、それほど毎日変化がなく過ごしているためです。
とはいえ、何しろ老猫なので、目は離せない日々ではあります。
猫たちは私にとって、友であり子であり、師でもあります。
ひっそりと、大事に一つの家族として暮らしています。
もう一つのブログはただの戯言ばかりです。
その時々に、猫たちの様子も書いていきたいと思っています。
よろしかったら、お時間のあります時にでも、覗いていただけるとうれしいです。


ありがとうございました。






スポンサーサイト
[ 2019/02/06 12:01 ] | TB(-) | CM(-)

来年も仲良く暮らそうねえ。

普段手に付けないところまでの大掃除。
みつけてしましました!ゲボのあと。
なんで~だれだ!
こんなところで、ゲボして~!!!

一人暮らしで猫に怒っている声が、外まで響いたら、通りがかりの人は何だと思うのだろうなあ。
一人でブツブツ怒鳴っているアブナイ人だと思われるかも。

しょうがないね。
その可愛さに免じて許そう。

ずっと一緒にいようねえ。
来年も仲良く暮らそうねえ。

と猫たちに挨拶をして今年も終わります。

よいお年を!!


にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

[ 2018/12/31 16:42 ] | TB(-) | CM(-)

見上げれば・・・。

完全室内飼いだから、家の中でしかうちの猫を見ていない。
ところが、私が外にいて、見上げると2階の窓にいるチビが見えてびっくりしてしまった。
家の中からカーテンの外にいると、カーテン越しだからそれはそれで可愛い。
しかし、それを外から見ると、猫だ~!!を主張している。
道路側だったからあわてた。

前に住んでいた家では庭に猫を捨てられたりしたから、ここではそんなことがないように猫を飼っていることを隠したかったけれど、こういうふうに、外から見えているとは思わなかった。
前に浄化槽の点検に来た女性が、私の家の窓枠の猫の脱走防止柵を見て、犬を飼っているのね~と言ったことがあるけれど、動物を飼っている人には脱走防止柵だとすぐに気がつかれるけれど、普通の人は気がつかない。
いかし、こんなふうに窓のところがチビのお気に入りだと、隠しようがないのだなと今さらながら思った。
見上げれば可愛い猫がいるっていうのもそれはそれでいいのだけれど。

SN3U2203.jpg



にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

[ 2018/12/20 22:31 ] | TB(-) | CM(-)

ミケの爪

さすがに猫も年を取ると、猫にとっての肝心の爪が上手くいかない。

ミケは爪を砥ぐけれど撫でている感じの力の入れ方で、、何しろ弱くなっているし巻き爪にもなるので、きれいなカーブの状態にならない。

しょっちゅう、猫マットに爪をひっかけて、糸を出してしまう。
そうなってもすぐに外れればいいのだが、ひっかかったままイライラしながら(たぶん)引っかかった部分を外そうとしている。
弱くなっている爪がすべて取れないかと、見ていて私もハラハラしている。
あまりにも外れないと手を貸すが、これを1日中見張っているわけにはいかない。
フワフワしている生地は、老猫の爪にはというか、ミケの爪には暖かかくても、不便なようだ。
オックスくらいの硬い生地には、爪をひっかけるということはないのに。

猫マットのマットの部分はかなり糸が出ていて見るからにボロボロである。

しま○らで、580円で試しにブランケットを買って、そのマットの上に巻いた。

SN3U2174.jpg



今のところ、これで我慢してもらおう。
暖かそうだし、この下にカイロを置いているから、低温やけどにならないだろうし、爪が引っ掛からないか様子を見ている。

カンちゃんは気に入ったみたいだ。

SN3U2179.jpg




にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

[ 2018/12/11 11:11 ] | TB(-) | CM(-)

「ねこタクシー」

ドコモユーザーではないのだけれど、dTVを契約していて、ちょこちょこPCで映画を観ている。
猫が出演するものには弱い。
2010年の作品。
「ねこタクシー」を観た。

前半はちょっと間延びして退屈だったが、なんといっても猫がいい。
老猫って感じがよく出ていて名優だ。

その映画の中でヨーロッパの格言が出てくる。
「拒絶の真の意味を理解しようとするならば、まず猫に無視されてみるべきだ」

猫は嫌なものは心の底から嫌とはっきりしているからだそうだ。

うちの猫たちも一緒に暮して長いのに、いまだ嫌なものは嫌と徹底している。(笑)




にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村
[ 2018/11/28 09:41 ] | TB(-) | CM(-)
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
★虹の橋在住★



★蘭(H・13・12・31永眠)
保護時、Fiv・白血病ともに検査結果陽性。
最終病名判断つかず。
推定年齢、4歳♀




★モコ(H・18・1・20永眠)
保護時、後ろ右足が自転車で轢かれたのか 潰れていた。
3度の手術をしたが完治せず。 
尿路結石のため急逝。 
6ヶ月♂




★ブー(H19・1・12永眠)
 保護時、FIV陽性
蘭と共に虐待の形跡があり保護。
最終病名診断つかず。
推定年齢、13才♂




★パン(H・22・2・8永眠)
息子自ら保護してきた。
最終病名診断つかず。
  推定年齢、12才♂




★ルン(H・27・3・21永眠)
保護時、白血病検査結果陽性
2年後、奇跡的に陰性に転じる。
乳腺腫瘍闘病後、永眠。
推定年齢、15歳以上♀




★ファン(H・28・8・5永眠)
H・27年6月糖尿病の診断。
インスリン投与の治療を経て、
合併症による脳梗塞で永眠。
    15歳 ♂


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。